スキンケア / 美容

乳首のブツブツの正体はモントゴメリー線!目立たなくする方法は誰でも自宅で簡単にできる!

「乳首の周りになんだかブツブツしたニキビのようなものができた」と気になる方も多いのではないでしょうか?これは、モントゴメリー線と言われていて女性なら誰でも持っている線です。気になると他人に見られるのが恥ずかしくなりますよね。この記事ではモントゴメリー線のセルフケア方法をお伝えします

参考:ラブコスメ https://shc.lovecosmetic.jp/bust/areola_bumps.html

バストアップ&ヒップアップ|痩身エステ・フェイシャルエステ・脱毛ならオリエンタル・スタイル【公式】

では、本日のラインナップです

モントゴメリー線とは?

モントゴメリー線が目立つ原因

モントゴメリー線を目立たなくする方法

医療機関を受診したほうがいい例

まとめ

モントゴメリー線とは?

モントゴメリー線は皮脂腺です

乳首や乳輪を保湿し、摩擦などの刺激から守る働きがあります。

授乳期の赤ちゃんをもつ女性特有の役割としては、乳首の位置を示す道しるべでもあります。

男性女性問わずにあるので、あるのは、目立つ目立たないの違いです。

では、簡単にモントゴメリー線の働きについてまとめます

  1. 皮脂を分泌し、乳首や乳輪を乾燥から守る
  2. 乳首やにゅりんを外的刺激から守る
  3. 乳首への道しるべになりスムーズな授乳を助ける

モントゴメリー線が目立つ原因

モントゴメリー線は個人差があります。大きい人もいれば、小さい人もいます。数の多さも様々です。

しかし、目立つようになるタイミングは共通しています。

一つ目のタイミングは、寒さや性的興奮時です。

そして、もう一つは、授乳期です。

主に女性ホルモンに左右されることが多く、加齢とともに目立たなくなります。

若いころの方が気になるという事ですね。私も10代の頃はなんで乳首の周りにブツブツしたものがあるのかな?と少しコンプレックスを感じていました。

20代になった今もありますが、10代の頃に比べて小さくなり、数は少なくなりました。

加齢とともになくなっていくと知ってから、職場で入浴介助をするときに患者さんの胸を見てみると、確かに若い人よりもお年寄りの方がきれいでした。

個人的に、なんで若い時にきれいじゃないんだろうと思います。正直、水着を着たり、温泉に行ったり、セックスしたりと若い時の方が絶対に胸を見せる機会が多いのに、なぜ目立つのが若い時なのか…

では、モントゴメリー線が目立つ原因を簡単にまとめます

  1. 寒さによる刺激
  2. 性的興奮を感じたとき
  3. 授乳期

モントゴメリー線を目立たなくする方法

では、どうすれば目立たなくなるのか…

答えはモントゴメリー線の役割に隠されています。

モントゴメリー線は皮脂腺です。つまり、皮脂を分泌し乳首や乳輪を守っています。

乳首周辺がブラや下着の摩擦で乾燥するとモントゴメリー線はより活性化されます。そのためより目立つようになるのです。

顔がテカるのと同じで、オイリー肌な人ほど乾燥肌なのは、ここに原因があります。

乾燥するからこそ体は皮脂を分泌して保湿しようとします。

そう、答えは、乳首や乳輪を保湿することです!

これは実はまじな話です。私がモントゴメリー線ケアを始めたのは20歳になってからですが、はいじめて1か月で「あれ?ちょっとまし?」となりました。

もちろん、モントゴメリー線が0にはなりません。必要な機関ですからね。でも目立ってほしくなかったのでケアはしました。

半年ほど化粧水とニベアやボディクリームを塗り続けると通常時はほとんど目立たなくなりました。

特に、モントゴメリー線が黒く鈍い色で目立つのであれば古い角質が詰まっている可能大です!もちもちの泡で優しく洗浄して、しっかり保湿をして肌のターンオーバーを促しましょう!

お肌のケアと基本は同じなので、以下の記事を参考にしてください

保湿を制する者は美肌を制する!医療現場でも注目の肌のケアを現役看護師が教えます!

洗顔の命は泡! 泡を制する者は洗顔を制する、肌トラブルにサヨナラを告げる第一歩

医療機関を受診したほうがいい例

セルフケアで目立たなくなるといいましたが、自力ではどうにもならない場合もあります。そんな時は受診してみましょう。

例えば、モントゴメリー線が大きすぎてブラジャーと摩擦してトラブルになるなどがあれば専門機関で切除するという選択肢もあります。

方法は、メスでモントゴメリー線を切除し、余った皮膚同士を縫い合わせるだけです。傷自体も小さいので比較的痛みは少ないそうです。が、私はしません。怖いから。

まとめ

  1. モントゴメリー線は皮脂腺、乳首や乳輪を守っている
  2. モントゴメリー線は赤ちゃんを乳首に導く役割がある
  3. モントゴメリー線は若い時に目立ち、加齢とともに目立たなくる
  4. セルフケアの基本は保湿!

投稿者

red.crow0915@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください