ダイエット / 健康 / 美容

チョコレートは健康食品!美味しいチョコレートでポリフェノールを摂取しよう

寒くなると、ほっとココアや、チョコレートを食べたくなりますよね。「太る」という理由から食べるのを我慢する、控えている人も多いのではないでしょうか?しかし、チョコレートには美容や健康に大切なポリフェノールが沢山含まれています。食べ過ぎはよくありませんが、適度にたべると体にプラスです!

では、本日のラインナップです

ポリフェノールとは

ポリフェノールの働き

①抗酸化作用

②脂肪燃焼効果

③更年期症状の緩和

④動脈硬化予防

ポリフェノールが多く含まれる食品

ポリフェノールの特徴

まとめ

ポリフェノールとは

ポリフェノールは5000種類ほど種類があります。チョコレートに含まれるカカオポリフェノール、大豆に含まれるイソフラボン、コーヒーに含まれるクロロゲン酸等その総称です。

例えるなら、「犬」というくくりの中に、柴犬、ハスキー、チワワなどがあるような感じです。

ポリフェノールのはたらき

①抗酸化作用

ポリフェノールはビタミンEやビタミンCのように抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、身体の酸化を防ぐものです。もっと分かりやすく言うなら、アンチエイジング作用があります。しみなどの原因になる活性酵素の生成を阻害し、きれいな肌をつくる手助けをしてくれます

②脂肪燃焼効果

コーヒーに含まれるクロロゲン酸を摂取することで内臓脂肪の燃焼が活発になります。

特に朝一番、ブラックでのむことでより効果が高まります。

③更年期障害を緩やかにする

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと類似しており、女性ホルモンの低下してくる40代以降の女性が悩まされる更年期障害の緩和を助けてくれます

④動脈硬化予防

脂肪燃焼効果があるためLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らし、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増加させる働きがあります。

ポリフェノールが多く含まれる食品

赤ワイン、チョコレート、ココア、コーヒー、緑茶、大豆、柑橘類

イメージとしては、“茶色っぽいもの”です

ポリフェノールの特徴

  • 色素を多く含むものが多い
  • 水様性である(水に溶けやすい)
  • 摂取してからの作用時間は短いため、1日の中でこまめに摂取する必要がある

まとめ

  • ポリフェノールは総称
  • 抗酸化作用、脂肪燃焼効果、動脈硬化予防、更年期障害の緩和に有効
  • 色の濃いものに多く含まれる
  • 接種後は短時間の効果のため1日の中でこまめに摂取する必要がある

健康長寿ネット https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shokuhin-seibun/polyphenol.html#:~:text=%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%81%AF,%E3%81%AE%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%AB%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

スイーツ関連記事

おやつや食後のデザートがやめられない人必見。スイーツがやめられないのは脳が依存しているから

投稿者

red.crow0915@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください