ダイエット / 美容

リバウンドゼロのダイエット方法はたった5つ!誰でも無料で今から始められます

せっかく頑張って3kg痩せたのに、すぐにリバウンドをしてしまった。なんてのはよくありますよね。頑張ったのに一気に無駄な努力になることへのやるせなさは計り知れません。この記事では、誰でも今からタダでできるダイエット方法をお伝えします。

では、本日のラインナップです

①空腹になるまで食べない

②白湯生活

③湯船に10分以上浸かる

④なんでもいいからストレッチか筋トレを毎日する

⑤全力で仕事をする

①空腹になるまで食べない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2396299_s.jpg

惰性で食べてしまうことはありませんか?

「特にお腹はすいていないど、〇時だし…」「せっかく誘ってもらったから食べようか…」

自分が食べたい、お腹がすいたと思うからではなく、「何時だから食べる。」「誰かから誘ってもらったから食べる」という意思のない食事を取ってしまうと太ります。

成長期であればきちんと正しい時間に食事を取ることは非常に重要ですが、成人してからだとそこまで固執する必要はありません。

ものすごくカロリー消費をすると日もあれば、布団から出ていない日もありますよね?その日の消費カロリーや代謝に合わせても体には悪影響はありません。

むしろ、とりあえず食べるというのは太る原因だけではなく、アホの原因にもなります。

食事をすると、人間の体では血液が消化器に集中し、副交感神経が優位になります。そのため、脳への血流が乏しくなり、仕事や勉強のパウォーマンスが空腹時よりも下がるということが実験で明らかになっています。

そもそも、なんとなくお腹は満たされていると感じるときの消化器系の状態は

消化中、吸収中、休憩中

の状態です。血糖値も十分あり、体に必要なエネルギーが満たされている状態ともいえます。

私たち自身にに置き換えてみると、急ぎの仕事中に大量の不要不急の仕事を任されたり、休日中に不必要な仕事の連絡が来るようなものです。

ブチギレ案件ですよね(笑)

以前、暴飲暴食をすると消化器系に負担がかかり、太りやすく肌荒れを起こしやすいという記事を投稿しましたので、ダラダラ食いや、とりあえず食べている人は胃腸のメンテナンスのためにも読んでみてください

飲みすぎ食べ過ぎの気持ち悪さにピリオドを!胃腸のケアは3つだけ!

この記事でも書いたのですが、食べ過ぎの後のケアとしては食事を控えるか、置き換えることが大切です。

仕事などで「昼食をすぐに食べないと変な時間にお腹がすく!」という方もいますよね。

私もよくあります。夜勤などしていると、3回目の朝ごはんみたいなこともよくします。私は3回ともお腹がすいて食べていますが…

あまりお腹がすいていなくても食べないといけない時は、1回の食事量を減らすか、空き時間でも食べられるものを準備しておくなど対策しておくのも良いですね。

休みの日であればお腹がすくまで食べないということになれることが大切です。

特に「何時だから食べる」という習慣を続けていると空腹か否かではなく”食べないといけない”と脳が思い込み悪習慣になります

ずっと血糖値が高い状態が続くと糖尿病などの生活習慣病の危険性があります。また、消化器系に負担が行くことで消化吸収、代謝がうまく行われず肌荒れや、太る原因になります。

空腹のメリットを以前記事で書きました。思ったよりも沢山あるのでぜひトライしてみてください。

空腹で人は進化する!食べないという選択で掴める最高のメリット

食べることが悪であるといっているのではありません。むしろ食べて痩せる、食べて健康になるというのは大切にしています。しかし、食べ過ぎや意味のないカロリー摂取をする習慣は、リバウンドをしやすい生活の大きな一因であることを知っていてほしいのです。

②白湯生活

温かい季節であれば水でもいいのですが、冬は寒いので少しお湯を混ぜてぬるいものを飲みます。理由は、体や消化器系を冷やさないため。

水の力については以下の記事を参照ください

日本ではタダで手に入る水!美容、健康すべてに通ずる魔法の飲み物の効果

白湯のメリットは体温と近いため体への負担を減らします。消化器系の負担を減らすことができます。そのため、消化器系は消化、吸収、代謝を効率良く行えます。

消化吸収代謝をできるメリットは、

便秘の予防や、生活習慣病の予防ができます。代謝が上がることで、太りにくい体つくりにも役立ちます

③湯船に10分以上浸かる

入浴についても以前投稿しました。代謝を上げる効果があるのです。

入浴により体が温まり、代謝が上がります

代謝が上がるということは、太りにくくなると同時に体のコンディションを整えるのに役立ちます

お湯につかって温まることで、血管の拡張が起こります。

血管が拡張することで血液の循環が良くなり、代謝がアップします。

そのため疲労回復や老廃物の排出が可能です。体も温まりますので、冷え性の改善にもつながります。

また、血液循環が良くなるだけではなく、緊張していた筋肉も弛緩します。肩こりや筋肉痛の軽減の効果もあります。

筋肉の調子が良くなるとエネルギーの使用量が多くなり、痩せやすくなります。消化器も体温が上がると副交感神経が優位になり、働きが活発になります。

入浴についての記事はこちらから

冬だけじゃない!代謝と気分も上がるドラッグストアで手に入るおすすめの入浴剤!

綺麗になりたきゃ湯船に浸かれ!気分が沈むときも湯船に浸かれ!お風呂時間は最高の自己メンテ時間!

④なんでもいいからストレッチか筋トレを毎日する

ストレッチや筋トレを行うことで筋肉が収縮、進展します。そのためエネルギー代謝が起こり、脂肪燃焼効果が高まります。また、体温が上がることで基礎代謝も上がります。

私の場合、いつも10分程すると体が温まり、少し汗がにじむ程度になります。

あとは、

運動習慣をつけるという意味でも毎日少しでも続けていくことが大切です

人は習慣化するまでに約3か月ほど期間を要します。習慣化するまでは苦痛なものですが、習慣化してしまえば特に苦痛を感じることなく歯を磨くようなものになります。

この習慣化ができた人ほど強いものはありません、ダイエットをしてもすぐにリバウンドしてしまう人は基本的に短期集中型で結果を出す方法しかしていないのです。

リバウンドをしないダイエットにはいくつかルールがあります。その一つに短期集中ではなく、長期的な目で見ていくことというものがあります。

デブ習慣から痩せ習慣や健康習慣にシフトチェンジしてみませんか?

参考:precious https://precious.jp/articles/-/16935

⑤全力で仕事をする

考え方というか捉え方にもよるんですけど。階段の上り下りも、嫌いな人とのコミュニケーションもすべて脂肪燃焼だと思い込んでます。

しかし、すごく強いストレスを与えてくるものからは逃げた方がいいです。自分のIQが下がるので。これは本当です。私はソッコーで逃げます。

自分を傷つけてくる人といるメリットなんてないですよね。

座りっぱなしの仕事をしたことがないのですが、私は普段、書類のコピーや違う部署へのお使いなど「めんどくさい」と思わずに「筋肉動きます、痩せます!」という気持ちでいくとストレス値が全然違います。あとは、上司から「動いてくれるいい子」という評価がつくのでボーナスも上がってました。

それから、体や筋肉を動かすことでアドレナリンが分泌され精神的なエネルギーだけではなく、体の代謝も良くなります。

まとめ

根性論もありましたが、基本はからだを温めて筋肉を動かすように心がけます

その中で腹が減っていないのに惰性でご飯を食べるようなことを避けるといういたってシンプルな話です。

お金もかからずに痩せ体質、リバウンド防止装置が体に備わると思えばすごくお得な感じがしますよね。いきなり全部は大変なのでできることを少しずつ増やしていってもらえたらと思います。

投稿者

red.crow0915@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください