カップル / セックス / 女性器 / 美容

気になるアソコの匂いを軽減させる3種の神器!マンコの臭いに悩むのはもう終わり!

女性の皆さんなら一度は自分のオマタの匂いを気にしたことはありませんか?好きな人と性行為をするときなんかはすごくデリケートですよね。トイレに行くときにムワァと匂うと特に気になります。この記事は低コストで効果抜群のオマタの臭いを消す方法を教えます

では、本日のラインナップです

アソコが臭くなる原因

日常的なアソコの臭いケア

①通気性のいい下着を着る

②ナプキンやおりものシートはこまめに交換する

③毎日の入浴時にアソコをきれいに洗う

アソコの臭いを消す3種の神器

①通気性のいい下着と服

②携帯用ビデ

③VIOのケアをする

まとめ

持田製薬株式会社 https://hc.mochida.co.jp/skincare/delicate/delicate1.html

アソコが臭くなる原因

そもそも、なぜアソコが臭くなるのか、考えたことはありますか?

なんとなくイメージが付きますよね。臭いが強く感じられる条件は以下の4つです。

  1. アソコが蒸れている
  2. 経血や帯下(おりもの)などの分泌物が多い
  3. 尿や便がきちんとふき取れていない
  4. 性病など何らかの病気

なんでもそうですが、温かく湿っているものって臭いませんか?

例えば、部屋干しした生乾きの洗濯物、歩いて汗をかいた後の靴や靴下。これらの臭いの原因はその中で菌が繁殖しているからです。洗濯物にはカビが、靴や靴下には菌やカビが繁殖するため臭いが強くなります。

実は、悲しいことに性器は男女とも菌やカビが繁殖しやすいこの条件に当てはまります

体温で温かく、汗、尿や膣分泌物などでの湿り気が菌やカビをすくすくと成長させます。

日常的なアソコの臭いケア

この記事では「明日、彼とデートでお泊りなんです!何とかして!」という超即効性の3種の神器をお伝えするといいましたが、その方法は応急処置なので、根本的な解決にはなっていません。

風邪をひいて熱が出たときに解熱剤を飲んで”熱が下がった!”と言っている状態です。

臭いももちろんですが、痒みや不快感も日ごろのケアでずいぶん抑えることができますので、「私のアソコ臭い」と思っている人や「アソコが痒い」という人は是非この方法を実践してください。

①通気性のいい下着を着る

女性下着の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

下着はデザインで選ぶ!という人も多いのではないでしょうか?素材よりも値段や、デザインを重視しすぎるとアソコの臭いが強くなります。

私自身、10代の頃は素材よりも値段やデザイン重視でした。ブラジャーとパンツのセットでも安いものを選んでいたのでどうしてもナイロン性の通気性の悪いものになっていました。時々「オマタが痒い」と困っていましたが、原因は通気性の悪い下着でした。20代からは素材にもこだわるようになり、かゆみや臭いのトラブルは軽減しました。

特に10代は膣分泌物が成人よりも多く、体臭やアソコの臭いも強くなります。プラス1,000円払うだけで通気性もデザインもカワイイ下着を買えるので、アソコのトラブル予防のためにも参考にしてくださいね。

②ナプキンやおりものシートはこまめに交換する

女性は生理周期によって、経血が出たり、帯下(おりもの)の分泌が多くなり、下着の汚染を防ぐために生理用ナプキンや、おりものシートを使用する人も多いですよね。

私も、おりものシートを使っています。しかし、これはついついつけっぱなしにしてしまいます。汚い話ですが、以前、本当に忙しい夜勤で18時間以上おりものシートをつけっぱなしにしたことがあります。

その時はもう本当に後悔しました。疲れた体に臭いが染みるぜ…と夜勤明けに風呂に入ろうと服を脱いだ時に思いました。

当たり前ですが、交換をしないと菌が増殖します。生理中のナプキンの交換をおろそかにすると悪臭がしますよね?

ナプキンの交換のタイミングは以下の記事で書いたので、参考にしてください。

漏れない、よれない、蒸れにくい多い日におすすめ生理用品3選と生理用品の交換忘れで起こる怖い病気

個人的におすすめの商品のリンクもそっと貼っておきますね。

③毎日の入浴時にアソコをきれいに洗う

いくら通気性のいい下着に変えても、生理用ナプキンやおりものシートを定期的に交換しても汚れをきれいにしないと菌やカビが繁殖します。

洗い方ですが、石鹸でゴシゴシすると、粘膜組織が傷つき、傷からばい菌が入って感染することがあります。

また、洗いすぎると、常在菌と呼ばれる健康な人の陰部にある必要な菌まで洗い流してしまうことになります。

洗い方のポイントは

  • ぬるま湯で流す
  • しっかりと泡立てて、泡で洗う(強くこすらない)
  • ぬるま湯で泡を完全に流しきる

です。陰部用の石鹸なんかも近頃発売されていますが、高価なので私は使っていません。市販の石鹸やボディソープでも十分、効果があります。

では、やっとやってまいりました。即日即効性のある応急処置に必要な3種の神器を発表します!!

アソコの臭いを消す3種の神器

①通気性のいい下着と服

日常的に気を付ける点でも推奨した「通気性の良い下着」。実はこれも3種の神器の一つなんです。

これに加えて通気性のいいズボンやスカートを着用するとより、蒸れによる悪臭を防いでくれます。

スキニーパンツやナイロン素材は体に密着したり、汗を吸収しにくかったりと、性器周辺が蒸れたり温かくなりやすいです。

そのため、お泊りデートの前日、当日は蒸れにくい素材の物を着用するようにしましょう。

②携帯用ビデ

聞いたことがない人も多いかもしれません。

生理中などに使う方がメジャーです。早く生理を終わらせたい、経血がだらだら出てくるときにこのビデを使います。

ビデの使い方は非常に簡単で、膣内にビデを入れて膣内を洗浄します。浣腸と同じ方法です。

クリーンシャワー1本入り-ビデ通販|オカモト直営|オカモトコンドームズ
オカモトより画像引用

直接、洗浄できる為、帯下(おりもの)やそのほかの分泌物を洗い流すことができ、臭い対策ができます。ドラッグストアでも売っていますが、ちょっと買うのが恥ずかしいなという方はAmazonや楽天などの通販サイトでも販売していますので、そちらをご利用ください。

検索は「携帯用ビデ 通販」です。ただし、注意してほしいのが日常的に使うのは危険です。常在菌ごと洗い流しては感染症にかかりやすくなったり、臭いが強くなります。素人でのビデ洗浄は、決戦の日だけにしてください。

③VIOのケアをする

脱毛は時間がかかりますし即効性はありません。が、あえてここで書きます。

実は、VIOのケアって性器の臭いケアという名目だけではなく、性器周囲の感染症対策にもなるんです。

そのため専門機関でのVIO脱毛を推奨してる産婦人科医も多くいます。

臭い対策をするために、脱毛がまだ、もしくは未完成の方は大切な日の前夜に自分でVIOの処理をすることをおすすめします。

悪臭の原因は、蒸れや汚れの蓄積、菌の繁殖と言いました陰毛が濃いと、その分蒸れやすく、尿や帯下(おりもの)が陰毛に絡み、より蒸れます。そのため、陰毛が臭いの温床となってしまうのです。

しかし、きれいに処理するのは態勢がしんどかったり、陰部にカミソリやブラジリアンワックスをするのが怖い人は無理にしないでください。

性器は粘膜組織なので、腕や脚の皮膚に比べて非常にデリケートです。傷がつきやすく剃刀負けやブラジリアンワックスなどで荒れやすい部位となっています。日常的に自己処理するとかえって性器に傷をつけてしまい、感染症や強い悪臭の原因になります。

私の体験談ですが、高校生の頃はVIOのケアをするというものを知らなかったです。今ほど言われていませんでしたし、脱毛に行ったり、VIOケアをしているこの方が少なかったです。そして私は周りより毛深い方で、腕や脚も放置すればすぐに男子並みに生えてきました。陰部もきっと濃かったのでしょう。当時のアソコをじっくり見たことはないので推測でが。

私は生理が重く、経血量もかなり人より多かったです。生理中は自分のアソコがなんだか生臭くて、制服を着ているのになぜか時々ふわっと臭うことがあり、すごく気を使いました。ナプキンもこまめに交換しましたが全く改善されません。

大学生になり、思い切って脱毛をしました。全身なのでVIOも全てです。その時に初めてVIOを剃ったのですが、「こんなにオマタに毛ってあるの!?」と驚いたのと、ちょっと引きました。自分の毛深さに。VIOの毛の処理をするようになってから、オマタの嫌な臭いは感じなくなりました。経血量は相変わらずかなり多いですが、臭いはほとんどなくなりました。ナプキンの交換をおろそかにすると臭いますが…

毛が菌の温床になるというを防ぐこともできます。また、陰毛に尿や経血、帯下(おりもの)が絡まらないので韻文も清潔に保つことができます。

まとめ

  • アソコの臭いは、蒸れ、汚れによって菌が繁殖することで強くなる
  • 日常的な臭いのケアは、通気性の良い下着、泡で洗浄、ナプキンやシートのこまめな交換
  • 一時的な応急処置は、通気性の良い下着+下衣、携帯用ビデ、VIOの毛の処理

投稿者

red.crow0915@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください