アニマルセラピー / ストレス / ダイエット / 健康 / 心理学 / 生活習慣 / 生活習慣病

可愛いだけじゃない!ペットが人に与える素晴らしいメリットとデメリットをご紹介

今日は、動物・ペットの力について書いていこうと思います。皆さんはどんな動物が好きですか?

かわいいでしょこの写真の犬。我が家の愛犬です❤
あらかじめ記載しておきますが、この記事ではペットを飼育することのメリットを多く記載しております。

デメリットも記載していますが、飼育を考える人はむしろこのデメリットをしっかり読んで下さい。

ペットを飼育するということは命を預かるということです。可愛いから、良いことがあるから、という理由だけで安易に飼育するのは止めてください。おもちゃではありません。

現在、ペットを飼育している人は3世帯に1世帯にも上ります

これは子供の数よりも多いです。たくさんの人がペットを飼育していることから、異常な繁殖、放棄など様々な問題も出てきています。

こんなにも多くな人がペットを飼育しているのはなぜか、ペットの魅力とは何でしょうか?

では、本日のラインナップです

ペットを飼うことのメリット

・子供にとっての良き師であり友になる

・認知機能低下の予防になる

・オキシトシンが出て幸せな気持ちになる

・健康的な生活の手助けをしてくれる

ペットを飼うことのデメリット

ペットを飼うことのメリット

Forbes:健康や幸福度の向上にペットが効果的な8つの理由 https://forbesjapan.com/articles/detail/28204/2/1/1

・子供にとっての良き師であり友になる

小さい子供にとってペットは良い友達になりますし、その身をもって命を教える良き師にもなります。

私も小さいころから生き物が好きです。金魚やカメ、ザリガニから始まり今はウサギ、文鳥、ハムスター、犬に囲まれて暮らしています。

皆さんもそうだったと信じたいのですが。

大人から「命の大切さ」と教えられるより、身をもって自分の大切な人が亡くなったり、病気をして弱っている姿を見る方がぐっと重く「命の大切さ」を感じることができますよね。

また、命の終わりだけではなく、命を繋がりもみれます。

ペットの出産はなにか言葉では言い表せない感情が湧きます。私は昔、メダカが水草にたくさん卵を産んで、それが孵化して小さなメダカの小さな赤ちゃんを見たときは、なんとも言えない気持ちになりました。

また、ペットと触れ合うことでADHDや自閉症のある子供にも有効的です。後述するのですが、生活リズムを整える効果もあります。

・認知機能低下の予防になる

高齢者施設や、認知症の患者のケアの中で、アニマルセラピーを行う所もあるというのを知っていますか?

とくに攻撃的な認知症患者には良い効果があったそうでうす。

また、精神疾患を持っている人にも効果的です。これは後述するオキシトシンがでるということもあります。

心が穏やかになるだけではなく、ペットを飼育するということは掃除、餌やりなどをしなければなりません

認知機能の低下の大きな要因に「役割がない」「やることがない」というものあります。

何もしなくてもいいというのは、言い換えれば何も考えなくてもいいという状況です。

もちろん、年相応に物忘れや同じ話をすることはありますが、約束も病院の予約もちゃんと把握しています。二人は植物を育てることや、犬の世話をすることが好きです。同年代でも自分の薬も把握できない人が多い中で、二人はきちんとフィラリアの日まで覚えてくれています。

何も考えない=頭を使わない=認知機能の低下

という式が成り立ちます。我が家にも80歳を超えた祖父母がいます。二人は認知症になっていません。

日本アニマルセラピー協会 https://animal-t.or.jp/html/about-animaltherapy/more-animaltherapy.html

・オキシトシンが出て幸せな気持ちになる

以前書いた記事でストレスによって若者もストレスで認知機能の低下が起こるということが分かりました。

このストレスを緩和させること為に必要なものが、

オキシトシンです

これは、母親が子供に母乳を与えるとき、好きな人と抱き合った時、ふわふわの毛布にくるまったとき、かわいい動物の写真を見る時など穏やかな気持ちになるものが引き金となり分泌されるホルモンです。

オキシトシン=幸せホルモン 

これは、動物の写真でも効果がありますが実際に触れることのできるペットと暮らすことはより幸せホルモンを分泌してくれます

・健康的な生活の手助けをしてくれる

ペットを飼うということは、餌を与え、小屋の掃除をしなければなりません。

鳥を飼えば朝早くに鳴きます。犬や猫は餌の時間を覚えることができますので決まった時間に催促します。

散歩に行かないとストレスで悪さをする犬も多いです。夜行性の動物であれば夜中に突然ガタンっと音を立てることもあります。

こうなると半ば強制的に生活がペット中心になります。

動物は人間と異なり、太陽が昇って沈むというリズムに沿って生きています。夜中に長いこと電気をつけてペットの生活リズムを崩すことは健康を害することがあるのでやっていはいけません。早寝早起きをすることでサーカディアンリズムが正され、自律神経を整えることができます。

また、犬を飼っている人ならば散歩にいくことがありますね。散歩は有酸素運動に分類されるため、動脈硬化や高血圧の予防に繋がります

ここまではペットのメリットを書いてきました。以下はペットを飼うことのデメリットです

ペットを飼うことのデメリット

①旅行に限界がある

ペットホテルもありますが1週間となるとペットはストレスを感じます。また、犬猫、ウサギなどはペットホテルがありますが、鳥、ハムスターなどの小動物を預かってくれるところは本当に少ないです。お水や餌の交換ができないので、1泊2日が限界と言えます。

②餌や散歩など決まった時間にしなければいけないことがある

こっちの都合でばかりで行動しているとペットの生活リズムが崩れてしまい、体調を崩してしまいます。

③毎日の掃除

どの動物をペットにするとしても避けられないのが排泄や餌のカスなどのゴミです。掃除をしないと虫がわいたり、悪臭をはなちます。また、不衛生な環境で飼育していると感染症などで病気になってしまうペットもいます。

④騒音・部屋や持ち物の汚染

鳴き声を発する生き物であれ、そうでない生き物であれ生きている限り動くので音がします。特に慣れるまでは警戒心から吠えたり、大きな音を立てて威嚇をしたりします。

そして、部屋や私物もペットにはなにかわかりません。そのため、悪気なく破壊しますし汚染します。

大切にしていた時計のベルト、マウスの線、スリッパなどなんでもおもちゃです。また、鳥やハムスターは水浴びや砂浴びをしますので床や壁がびちゃびちゃになったり、ざらざらになったりします。

⑤いろいろお金がかかる

犬ならワクチンやフィラリアなどの内服、保健所への登録費用、避妊手術費用など。他の生き物であれば餌、トイレ物品、水道代などがかかります。最近では保険がありますが高いです。ペットがいなければかからなかった費用は年間約10万円以上です。

まとめ

ペットは飼ってはい!終わりではありません。そこからがスタートなんです。犬や猫なら10年以上のお付き合いになります。本当にできる?というのをしっかり考えてください。

ペットは我々に素晴らしい効果を与えてくれます。最後まで責任をもって良好な関係を作っていける人が増えたらいいなと思います!

投稿者

red.crow0915@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください