コロナウイルス / ダイエット / 健康 / 生活習慣 / 生活習慣病 / 美容

看護師が教える緑茶に含まれるカテキンの力!あなたはいくつ知ってますか?

日本の飲み物といえばお茶を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

温かい日も、寒い日も緑色のお茶を見るとホッとすることがありますよね。

今日はそんな緑茶に多く含まれるカテキンについて書いてきます。

では、本日のラインナップです

カテキンとは

カテキンの作用

①虫歯や口臭の予防

②抗酸化作用

③抗菌作用

④コレステロール値、血糖値を下げる

⑤肥満予防

カテキンとは

実は、カテキンはポリフェノールの仲間です。あのカカオに入っているものです。

以前ポリフェノールについて記載しておりますのでこちらもご参照ください。

緑茶、ココア、抹茶などに多く含まれます

カテキンの作用

①虫歯や口臭の予防

カテキンには虫歯菌のもとになる菌の増殖を抑制する働きがあるため、虫歯や口臭の予防に効果的です。

マスクで空気がこもり、口呼吸になるせいで口臭なども気になるかたも多いと思いますので是非、お茶を飲んで予防してください。

②抗酸化作用

ポリフェノールの1種であるので、細胞の酸化を予防し肌や髪など細胞の老化を抑える働きがあります。美肌、美髪、アンチエイチングにも必須ですね

美肌になるための記事はこちらです

③抗菌作用

洗剤でも注目されるだけあって、ピロリ菌の増殖を抑えて胃腸炎の予防や風邪や発ガン予防効果もあるとされています。ピロリ菌は、胃がんの原因になる菌ですのでピロリ菌の抑制=胃がん予防です

日本ではカテキンの摂取量は特に示されていませんが、コロナにインフルエンザとたくさんの菌やウイルスがありますので、少しでも皆様の健康に役立てればと思います。

④コレステロール値、血糖値を下げる

カテキンには食事でとったコレステロールの吸収を制御する働きがあります。

また、血糖値の上昇を緩やかにする効果もあり、ダイエットや生活習慣病の予防には最適です

血糖値とダイエットについてはこちらの記事を参照ください

⑤肥満予防

肝臓の脂質代謝アップ作用があるため、エネルギーを消費しやすくなります。継続的に摂取することで脂肪燃焼効果が高まります。しかし、緑茶なら湯呑10杯分を飲んで脂肪燃焼効果高まるので、毎日お茶を飲むように習慣付けが必要ですね。

投稿者

red.crow0915@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください